寝違えの時に効果的な施術ポイント

【#1 寝違えのポイント】
寝違えで重宝するポイントが2ヶ所あります。

1、クワドリラテラルスペース

上腕骨、上腕三頭筋長頭、大円筋、小円筋に囲まれたスペースで腕の痺れに教科書的には効きます
寝違えの方が来られた場合は
1、座位の状態で痛みがある方のクワドリラテラルスペースをつまみます
(後ろから脇をつまむように)
2、つまんだ状態で首を痛くない方向に動かしてもらいます
その後に痛みがある方向に動かしていきます
3、この動きを3往復してもらいます
(例:左回旋が痛い場合は右→左という順番)

2、上腕三頭筋腱

肘頭から指1本分上方
ツボでいう天井(てんせい)というところです

1、先ほどと同様で痛い首の方の天井を刺激していきます
2、筋肉を弾くようにグリグリと強めに押した状態で
首を痛くない方から曲げていきます

クワドリラテラルスペースの方が寝違えに効果がありますが
クワドリラテラルスペースと上腕三頭筋腱の両方を押してみて、首が動く楽な方を選択するようにしましょう

クワドリラテラルスペースの施術動画はこちらから

 

無料のFacebookグループで最新の手技を公開中

 
鈴木カズトの臨床テクニック研究所
公開グループ · メンバー28人

グループに参加

臨床で実際に患者さんに喜んでもらえたテクニックのみを紹介していくコミュニティです。
難しい本質的な考え方も必要ですが、ここではまずテクニックのみを追求して
仮説→現場→フィードバック→仮説…
と繰り返して手技の精度を向上してください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA